環境に配慮した省エネ型自然冷媒機器を導入  
                         
    〜佐賀工場 新冷凍倉庫が稼働〜  
                         
     平成27年4月1日、フロン類の大気中への排出を抑制するため、フロン類の使用の合理化及び  
    特定製品に使用されるフロン類の管理の適正化等、製造から廃棄までのライフサイクル全体にわたる  
    包括的な対策を進める「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(フロン排出抑制法)」  
    が施行されました。  
     こうした中、当社が平成28年2月15日、佐賀工場に増築した冷凍倉庫(D棟)は、アンモニア(NH)、  
    二酸化炭素(CO2)を冷媒として使用する省エネ型自然冷媒機器を導入しています。本機器はフロン類  
    と比較してエネルギー起源二酸化炭素(燃料の燃焼、他者から供給された電気又は熱の使用に伴い  
    排出される(CO)の排出が少なく、また使用時の電力節減も実現することができ、環境に配慮した構造  
    となっています。