HOME営業案内製造部門B 乾 燥(火 入)
前へ フローへ 次へ

B 乾 燥(火 入 れ)
・海苔の品質劣化と加工時の変形を防ぐために、必要な作業が火入れ(ひいれ)です。
・文庫された海苔を乾燥させ、水分を5%以下まで落とします。
   (生産者が加工した段階での乾海苔は13%前後の水分があります)
・乾燥された海苔は、アルミ箔の付いた袋で密封し保管されます。

      ◎連続式自動乾燥機(SCAD スカッド)
       S=SUCCESSIVE(連続する)
       C=CLEAN(きれいな【大気】汚染率の低い)
       A=AUTOMATIC(自動の)
       D=DESICCATOR(乾燥機)

寸 法  W2.4m×L22.3m×H3.75m
処理能力 108千枚/h
処理時間 90分


SCADは世界で唯一の連続式自動乾燥機であり、従来の固定式乾燥機に比べ、大幅に作業効率が上がり、風味、光沢、色調等、均一な乾燥が出来るようになった最新設備です。
美味しい海苔を提供したいとの発想から当社が研究開発したもので、現在世界で唯一ヤマコでのみ稼動しています。

前へ フローへ 次へ
YAMAKO|サイトマップ|サイトポリシー|リンク